医院名:あおと整形外科クリニック 住所:〒500-8315 岐阜県岐阜市島田東町41-1
電話番号:058-252-0220

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

このような症状は、整形外科を受診ください背骨は小さな骨が縦に積まれている構造で、背骨同士の間にはクッションの役割を果たす椎間板があります。椎間板は内側の髄核と外側の線維輪でできており、椎間板ヘルニアは椎間板が断裂して髄核の一部が飛び出てしまった状態です。断裂は加齢などによる変性で起き、飛び出た髄核が神経を圧迫することで痛みなどの症状を起こします。

症状と原因

症状
  • 腰やおしりの痛み
  • 下肢のしびれ
  • 足に痛みが走る感じ
  • 足に力が入らない
  • 背骨が横に曲がる
  • 腰や臀部が痛み、(疼痛性側弯)
  • 動きにくい
  • 重いものを持つなどで強く痛む
  • 排尿障害
原因

椎間板の変性は加齢などによって起こります。長時間同じ姿勢を続ける、猫背、喫煙などが変性を起こすリスク要因とされています。

椎間板ヘルニアの診断

下肢伸展挙上試験で膝を延ばしたまま脚を上に挙げてもらい、坐骨神経痛の有無を確かめます。しびれの有無や力が入るかどうかなど、下肢の感覚も確認します。X線(レントゲン)撮影を行うこともあります。

治療と予防

痛みがある場合は、負担を軽減するため安静が必要です。固定が必要な際にはコルセットを着用していただくこともあります。一般的な治療では、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロックなどで痛みを解消していきます。

再発予防のために

痛みが強いうちはその緩和と解消を優先した治療を行っていきますが、状態が落ち着いてきたら再発予防のための運動療法やセルフケアなどをスタートします。当院では理学療法士が無理のない範囲でメニューを作り、丁寧にご指導しています。また、日常生活での注意点などもわかりやすくお伝えしています。

電話予約058-252-0220 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る