医院名:あおと整形外科クリニック 住所:〒500-8315 岐阜県岐阜市島田東町41-1
電話番号:058-252-0220

腰痛

腰痛とは

このような症状は、整形外科を受診ください 腰は立っている時だけでなく、座っている時にも上半身の重みを受けています。そのため負担がとても大きく、故障や慢性的な痛みを起こしやすい場所です。腰痛は二足歩行を行う人類にとって宿命的なものとされていて、腰痛の症状をともなう疾患もたくさんあります。腰痛を起こす疾患には腰自体に原因があるものもありますが、腰以外の整形外科的疾患、泌尿器や消化器などの疾患によって起こるものもあります。そういった様々な可能性を考慮した診療を受けることで、適切な治療が可能になります。当院では、内科的疾患などあらゆる可能性を視野に入れた検査と診断を行っています。

腰痛の原因

腰(脊柱)に原因がある腰痛

成長期の腰痛 先天異常や側弯症、腰椎分離症など
加齢により生じる腰痛 変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など
外傷による腰痛 腰椎骨折や脱臼など
感染による腰痛 カリエスや化膿性脊椎炎など
腫瘍による腰痛 転移がんなど

腰以外に由来するもの

循環器 解離性大動脈瘤など
泌尿器 尿管結石など
消化器 胆嚢炎や十二指腸潰瘍など
婦人科 子宮筋腫や子宮内膜症など
整形外科 変形性股関節症など
ストレスなど 身体表現性障害、統合失調など

症状

  • 腰が痛い
  • 同じ姿勢を続けていると腰がつらくなる
  • 動作時に腰が痛む
  • 歩行時に腰が痛くなり、休み休みでないと歩けない
このような症状がある方は、早めに受診を
  • 安静時にも痛む
  • 痛みが強くなってきた
  • 熱っぽい、発熱している
  • 下肢にしびれがある
  • 足に力が入らない
  • 尿漏れがある

急性腰痛症

いわゆるぎっくり腰です。
重いものを持った時や前にかがんだ時などにいきなり腰痛が生じ、動くのも困難になります。 椎間板、関節や筋肉などが原因と考えられています。

腰椎圧迫骨折

背骨がつぶれてしまい痛みが生じます。 高所からの落下などでも生じますが、多くは骨粗しょう症が原因となります。
物を持った時など、急に背骨に負担がかかってつぶれたときは激痛を伴うことが多いですが、痛みを感じずに少しずつつぶれてしまうこともあります。
ホルモンバランスが崩れる閉経後の女性に多くみられますが、活動性の低下や消化器の手術が原因となることもあります。

診断と治療

レントゲンで骨の変形を認めます。
初期には変形が認めにくい事もあり、数日後に再度レントゲンで確認したり、MRIで確認が必要なこともあります。

治療の流れ

  1. 消炎鎮痛薬の内服
  2. コルセットによる固定
    つぶれが進行すると神経を圧迫して神経症状(足の痛みやしびれ)が生じることがあります。
    しっかりと腰を固定する必要があります。
    期間は3ヶ月程必要になるので、「息苦しい」や「暑い」などと、不満が多い治療になりますが、悪化しないためにも頑張りましょう。
  3. 手術
    つぶれた骨に骨セメントなどを注入する手術などがあります。
    専門医の診察・治療が必要ですので、ご希望の方には紹介状を書かせていただきます。

予防

骨粗しょう症の治療が重要になります。定期的に骨密度の検査を行ってください。

電話予約058-252-0220 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る