医院名:あおと整形外科クリニック 住所:〒500-8315 岐阜県岐阜市島田東町41-1
電話番号:058-252-0220

ばね指

ばね指

関節リウマチ指を曲げた時の痛み、曲げた指を伸ばそうとする際の引っかかりなどが主な初期症状で、起床時の症状が強く、時間が経過すると症状が緩和していきます。曲げた指を伸ばそうとする時に引っかかりがあって、その後バネのように急に伸びることからこの名前がついています。ばね指は指に起こる腱鞘炎で、どの指にも起こり得ますが、親指、中指、薬指の発生頻度がやや多くなっています。関節では、指先端から2つ目のPIP関節が拘縮を起こしやすくなっています。放置していると動かしにくさが固定して関節が拘縮し、治療が難しくなってしまいます。動かしにくさや引っかかりに気付いたら、早めに受診してください。 

ばね指の原因

指を曲げる時には、前腕の筋肉の動きが太く丈夫な組織である腱によって指先に伝わります。指を曲げるための腱は、親指に1本、他の指には2本ずつあって、関節を挟んだ指の骨にトンネル状の構造があり、腱はそこを通って指の骨に付着しています。トンネルを通っていることで腱が引っ張られた時に筋肉の収縮力を指の屈曲力に正しく伝えることができます。このトンネルは靱帯性腱鞘と呼ばれており、中には腱の摩擦を防ぐためにヌルヌルした液体や薄い袋状の構造物である滑膜性腱鞘があります。この滑膜性腱鞘に炎症が起こると腱の動きが悪くなります。炎症が進むとトンネル状の組織である靱帯性腱鞘にも炎症が広がり、靭帯が厚くなります。それによって滑膜性腱鞘の腫れが悪化して炎症が強くなるという悪循環を起こし、ばね指を発症します。

治療

保存療法による治療を行います。保存療法で症状が改善しない場合や、症状が重い場合には手術が必要です。
症状が軽い場合には、炎症が治まるまで安静を保ち、時期をみて適切なストレッチを行うことで症状が改善することもあります。安静で症状が治まらない場合には、腱鞘内に局所麻酔剤と副腎皮質ホルモン剤を注射する治療を行って炎症を鎮めます。この注射は直後に効果を実感できるほど即効性のある治療ですが、腎皮質ホルモンは炎症を抑える作用とともに組織を萎縮させる可能性があります。そのため、何度か注射を受けても十分な効果を得られない場合は手術が必要です。

電話予約058-252-0220 web予約へのリンクボタン
一番上に戻る